ごりくまゲーム帳

”ごりら” と “くま” がゲームを遊ぶ様子をご紹介。二人で遊べるゲームのことなんかも。

【プレイ日記】2019年にプレイしたゲームと2020年に崩したい積みゲー




f:id:GoriKuma4141:20200106005548j:plain

はじめに

2020年最初の投稿!
ブログの方は年末からかなりサボっており、食っちゃ寝&ゲーム三昧な生活をしておりました。

自堕落な生活サイコーですわ

もともと更新頻度の高いブログじゃねーからな。まあ、気楽にやってくんで今年もよろしくな!

ということで相変わらず気まぐれ更新が続くと思いますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします!

今回はごりまるくましがプレイした2019年のゲームと、2020年に崩していきたい積みゲーを書いてみようと思います。
本当は年末にアップしようと思ってた記事なんですけどね!

 

 

クリア済み

2019年にクリアしたタイトルは下記の通りです。
こうして見てみると、クリアしたのはほぼPS4のタイトルでした。
Switchもそこそこプレイしてはいるんですが、片手間にやるものが多く、クリアまで行かずに置いてしまう傾向があったかもしれません。 

『The Division』(PS4)

 

The Division

出典:『The Division』|プレイステーション

PS Plusの特典であるフリープレイの配信でGETしたタイトル。
三人称視点のシューター(TPS)でありながら、キャラクターにレベルがあり、装備品にもランクやランダムな特殊効果などが付与されていて、RPG要素を多く取り入れたものとなります。
そのため、あまりシューターが得意じゃないといった人でもとりあえずレベルを上げて装備品を整えて行けば、クリアまでは問題なく遊べるものとなっています。
さらにシューターが得意な人ややり込みたい人に向けては高難度なエンドコンテンツも揃っており、期間限定イベントなどとあわせて長く楽しめる一本です。

プレイして思ったのは、まず操作性がとても良いこと。
直前まで比較的キャラ動作が重い『GTAⅤ』をプレイしていたのでなおさらかもしれませんが、キャラクターの動きが軽快でUIもわかりやすく、プレイアビリティがかなり高いレベルでまとまっていたのが印象的でした。

また、本作には「ダークゾーン」というPvPができる空間があり、アイテム回収時に横取りがしやすい仕様などであまり評判は良くないのですが、PvPが得意じゃない人はこの部分を回避してもまったく問題がないつくりとなっているのも良かったですね。

ただ、装備品が近代兵器であるため見た目の変化に乏しく、また街並みも綺麗ではあるのですが碁盤の目状になったニューヨークの特性と相まって、人によっては飽きが来るのが早いかもしれません。
そのため、正直ソロプレイで続けていたらクリアまでやっていなかった可能性が高いです。

しかし、フレンドとの協力プレイになると評価は一変します。敵の配置を見て二手に分かれて攻め込んだり、エリートクラスと呼ばれる強敵を相手にキャーキャー言いながら立ち回ったりしつつ、強力な武器を手に入れたらお互いに自慢し合うなどして、最後までとにかく楽しくプレイすることができました。

今は続編の2もかなり安く入手できるみたいだから、機会があればやりてぇな

武器が弱い最初のうちは正直ちょっと退屈だったんですわ。
でも武器がそこそこ揃って、基本的な立ち回りも覚えてくると一気に楽しくなりましたわ

『Need for Speed Payback』(PS4)

 

Need for Speed Payback

出典:『Need for Speed Payback』|プレイステーション

なんだか無性にレースゲームをやりたくなり、購入した一本。
オープンワールドのマップを自分の好きな車に乗って走り回れるという点に惹かれてプレイを始めました。

世間の評価としてはちょっとイマイチな感もありますが、ごりまるはかなり楽しく遊べたため、厳しい評価にはかなり意外な印象を受けました。
ただ、発売当初からアップデートによりかなりテコ入れがあったようなので、フルプライスで不完全な状態をプレイした人たちは厳しめの感想となってしまったのかもしれませんね。

前述の通り現状では遊びやすくアップデートが施され、またセールなどによっては1,500円程度で購入できたりもするので、値段分以上はしっかり遊べることでしょう。

ガチャ式のマシン強化方法が不評だけど、極端にこだわるんじゃなければ十分な強化はできるからな

とはいえ、『2015』や『Heat』を見た後だと、警察とのチェイスがちょっと物足りないのは否めませんわ

『Need for Speed(2015)』(PS4)

 

Need for Speed(2015)

出典:『Need for Speed(2015)』|プレイステーション

Payback』プレイ後、さらにレースゲームをやりたくて『EA Access』を契約して遊んだ一本になります。
タイトルにあるように(俗称ですが)、本作は2015年のタイトルになります。
しかしグラフィックは素晴らしく綺麗で、4年後の現在も古さは感じさせません。
ただ、レース時の挙動には若干の古さが感じられ、ちょっとした接触でクラッシュ扱いとなりレースのテンポが崩れることがありました。

ですが、この『2015』、『Payback』、そして『Heat』のうち、ストーリーの進め方で最も「ストリートレーサー」としての雰囲気を感じさせてくれたのは本作でした。
NPCのクルーメンバーの中から会いたい人を選び、レースに参加していくことで徐々に有名人とも知り合いになって名を挙げる流れになっているのですが、それがストリートレーサーのサクセスストーリーという体験を非常に説得力のあるものとしていました。

実写のムービーも雰囲気があって良かったな。
登場するキャラや組織も多くて、仲間たちと走りでストリートを騒がせてるって実感があったぜ

警察との派手なバトルが終わった後、いかつい男たちがモンスターエナジーで乾杯してるのは可愛くて笑いましたわ

『Need for Speed Heat』(PS4)

 

Need for Speed Heat

出典:『Need for Speed Heat』|プレイステーション

Payback』、『2015』とNeed for Speedシリーズにハマっていたところに折よく新作の発表があり、迷うことなく飛びつきました。
直前に前二作をやっていたおかげで、改善された点が特に強く印象に残った一作です。
本作は以前の記事でも触れたように、ユーザーから不評だった点には改良を加え、遊びやすさを追求した傑作となっています。
ゲームとしての完成度は非常に高く、またグラフィックもPS4円熟期の恩恵を受けており、写実的なマシンはもちろん、夕焼けの美しさや夜の街のきらびやかなネオンなどは一見の価値ありです。

ただ、ストーリーのクオリティやコンテンツのボリュームには少々物足りなさがあり、新たなイベントやDLCの配信が待たれるところです。

まさに正統進化って感じで、ユーザーの求めるものに応えようっていう開発の心意気が嬉しかったな

時期的に大作ラッシュの陰に隠れちゃったけど、ちゃんと進化が見える良作でしたわ

『Detroit: Become Human』(PS4)

 

Detroit: Become Human

出典:『Detroit: Become Human』|プレイステーション

こちらもPS Plus特典のフリープレイでもらった一本。
え、これもらっちゃっていいの!?」と言いたくなるほど完成度が高く、非常に楽しめました。
アンドロイドの人権をメインのテーマとして、そう遠くない未来に実際に起こりうるかもしれない問題を軸に、様々な人間(およびアンドロイド)ドラマが繰り広げられます。

複数主人公を操作するためプレイヤーは各陣営の事情をある程度知っているので、人間とアンドロイドどちらの主張にも肩入れしてしまい、苦しい判断を迫られることがあります。
選択によって物語は変化し、登場人物の主義主張が変わることさえあります。
しかし、どんな展開になってもすべてが丸く収まるということはなく、どこかしらプレイヤーに考えさせる部分があるのが、本作の特徴です(とはいえ、すべてのルートを100%埋めたわけではないのですが……)。

物語が変化するという点はもちろん、キャラクターを操作することによる没入の仕組みなどは、まさにゲームでしかできない体験であると言えます。
まちがいなく、2019年プレイして良かった一作となりました。

ハンクとコナーの相棒っぷりが尊かったですわ

ただ小難しいだけじゃなくて、クスッと笑える場面もあって本当にいいシナリオだったな

『ボーダーランズ 3』(PS4)

 

ボーダーランズ 3

出典:『ボーダーランズ 3』|プレイステーション

ボーダーランズ 2』や、その前日譚となる『ボーダーランズ プリシークエル』が大好きだったので、予約して購入およびプレイしました。
内容は以前のシリーズから大きな変化はなかったものの、良いところはそのままに細かい部分のプレイアビリティを改善したものとなっていました。
そういった点では、『Need for Speed Heat』と同質の続編制作だったと言えます。

ただ、強力な武器やスキルがすぐにアップデートで下方修正されてしまう傾向があり、それまで一生懸命周回して集めたものが無駄になってしまう流れが続いており、そのあたりが落ち着くまでやり込むのは控えようかなという感じになってしまってます。

また、ボリュームも少し物足りないものがありますが、こちらは今後も継続的に有料/無料双方のコンテンツが追加されていくことがアナウンスされているため、徐々にボリュームアップされていくものと思われます。

ストーリー的には前作の2と比べると悪役のインパクトがちょっと薄かった印象だな

ハンサムジャックがあまりにも悪役としていいキャラすぎたからね。
クラップトラップの感動的なイベントがあったから、我はそれで満足ですわ

 

 

未クリア

そこそこプレイはしたものの、クリアまで行かなかったのは以下のタイトルになります。
このあたりはけっこう数があるので、リストにして省略バージョンで。

  • 『GTAⅤ』(PS4)
  • 『STEEP』(PS4)
  • 『The Last of Us Remastered』(PS4)
  • 『スーパーマリオメーカー 2』(Switch)
  • 『リングフィットアドベンチャー』(Switch)
  • 『ルイージマンション 3』(Switch)
  • 『エースコンバット 7』(PS4)
  • 『バイオハザード RE:2』(PS4)
  • 『グランツーリスモ SPORT』(PS4)
  • 『VA-11 HALL-A』(Switch)
  • 『EA Access』の諸々(PS4)

中にはオンラインプレイがメインで終わりのないものもありますが、今後はそういったタイトルも増えてくるかもしれませんね。

2020年に崩したい積みゲー

購入したりフリープレイで権利を取得したものの、ほとんど手つかずになっているけど今年中にこれはやっておきたい! というタイトルが以下になります。

  • 『Blood Borne』(PS4)
  • 『仁王』(PS4)
  • 『ファイアーエムブレム 風花雪月』(Switch)
  • 『God of War』(PS4)
  • 『Celeste』(PC)
  • 『Hyper Light Drifter』(PC)

こうして見てみると高難度ゲーって言われてるやつが多いな

ごりは下手くそだから、高難度ゲーだと余計に時間がかかって大変だね

まとめ

以上、かなり今更感がありますが、2019年にプレイしたゲームたちと2020年に遊んでいきたいゲームをまとめてみました!
しかし忘れちゃいけないのが、今年も良作がどんどん発売されるであろうこと……!
なんとか時間を作り出して、積みゲーを崩しながら新作もプレイしていきたいところですね。

今年は新作もどんどんプレイして、ブログもモリモリと更新していく所存ですので、ゆるーくお付き合いしていただけると幸いです。

我とごりの写真が全然アップされてないのもちょっと気になりますわ

そのへんの需要はねーだろうけど、今年はもっといろいろアップしていくぜ!