ごりくまゲーム帳

”ごりら” と “くま” がゲームを遊ぶ様子をご紹介。二人で遊べるゲームのことなんかも。

【ゲーム攻略】『NFS Heat』アクティビティ攻略!難しかったポイントのコツを紹介【ごりくま式】

スポンサーリンク



f:id:GoriKuma4141:20200124123434j:plain

はじめに

今回は『NFS Heat』の攻略として、ごりまるが各種アクティビティで3つ星を取った時のことをご紹介します。
個人的には『Payback』よりも簡単に取れるように思うので、せっかくなら全制覇してプラチナトロフィーを取ってしまいましょう。レースをイージーでしかクリアしていないごりまるでもすべて三つ星クリアができたので、適切なマシン&セッティングとちょっとしたポイントを抑えれば、全制覇はきっと難しくありません!

ちなみにですが、各アクティビティをすべて3つ星でクリアすると、報酬として特定のマシンが解除されます。ただし、これはあくまでもディーラーで購入できる権利が解除されるだけであって、マシンそのものをもらえるわけではないので、ご注意を。

ちょっとケチくせぇよな。最強マシンってわけでもないんだから、プレゼントしてくれても良さそうなもんだけど

1回のレースでもらえるCASHもちょっと少ないし。解除されたマシンを買うのも大変ですわ

まあまあ、いろんな車でレースしてのんびり貯めればいいじゃないの。
同じコースを何度も走ってタイムを突き詰めるのも楽しいよ

スポンサーリンク

 

 

 

アクティビティ攻略

スピードトラップ

スピードトラップは、指定された速度以上のスピードで特定のポイントを通過すれば、クリアとなるアクティビティです。
当然のごとく、純粋にスピードが出るマシンやセッティングで臨むのがポイントなります。

報酬

McLaren 600LT

McLaren 600LT
使用マシン・主に使ったセッティング
マシン Pagani Huayra BC 2017
エンジン 7.0L V12エンジン
サスペンション トラック
ディファレンシャルギア トラック
タイヤ レース

Pagani Huayra BC

全般的に使えるセオリー

とにかく速いマシンに馬力のあるエンジンを載せて、スピードが乗りやすいセッティングにしましょう。
お金に糸目をつけないなら、「Koenigsegg Regera 2016」がやはり速いようです。そこそこの価格で狙うならば、「Ford GT 2017」「Porsche 911 Carrera RSR 2.8 1973」などが良いです。特に「RSR」はクラシックカーの類ながらスピードもコーナリングも最上級のマシンなので、一台はつくっておいて損はしません。
あとは当然のことながら下り坂の方がスピードが乗るため、なるべく下り方面のコースでチャレンジするのが良いでしょう。
(中には下りだとあきらかに難しくなるポイントもあるため、そこは臨機応変に) 

苦戦したポイント

スキーギア

ここは長い下りの直線で一見すると簡単にクリアできそうにも思うのですが、ちょっとした罠があります。
実は一直線の坂とはなっておらず、途中で平板になっている箇所があり、下り方面だと一般車両が見えづらいのです。また、アクセルをベタ踏みしているとジャンプしてしまい、体勢が崩れて速度が稼げないという状況に陥りがち。
そのため、セオリーに反して上り方面でチャレンジし、時間帯も夜間にします。これでジャンプしてあらぬ方向へ飛ぶこともなくなり、一般車両も少なくなってクリアしやすくなります。
上りでも適宜ナイトロを使っていけば、充分なスピードは稼げるはず。万が一坂道でスピードが落ちるようなら、ターボをトルク(パワー)が上昇するものに変えるという手もありますが、それなりのマシンを使っていればそこまでする必要はないかと思います。

GTAみたく空中でも姿勢を制御できるならぶっ飛んでくのも面白いんだけどな

それができるとロングジャンプも捗りそうですわ

ドリフト

ドリフトは、指定されたA地点からB地点までの区間で、いかにドリフトを行ってスコアを稼ぐかといったアクティビティになります。
ドリフトを継続するためのライン取りも重要ですが、いかに一般車にぶつからず進められるかもポイントとなります。

報酬

BMW M4 GTS (F82)

BMW M4 GTS (F82)
使用マシン・主に使ったセッティング
マシン RX-7 Spirit R 2002(通称:FD)
エンジン 3.8L V8エンジン
サスペンション スピードクロス
ディファレンシャルギア スピードクロス
タイヤ ドラッグ

RX-7 Spirit R

全般的に使えるセオリー

ドリフトで高いスコアを出したければ、マシンはまず「FD」一択と言っても良いほど。
「気持ちいいドリフトができるマシン」と「高得点が出せるマシン」は別物であることを念頭に置いたほうが良いかもしれません。

ドリフトのアクティビティなのに、タイヤはドラッグを履くんです?
むしろ曲がらないタイヤかと思ってましたわ

FDは何しろ曲がりまくるから、ドリフトタイヤにすると逆に上手くいかねぇんだ。コイツの場合はドラッグの方がドリフト状態を持続できて、スコアも高くなるんだ

そう。ごりまるも言っているように、なんといってもスコアを稼ぐコツはドリフト状態の持続に尽きると思います。
短期的に見るとグイっと急角度で切り込む方が高スコアを出せるのですが、それだとドリフトが途切れてしまうことが多く、トータルでは得点が低くなってしまいがちです。
そのため、多少角度が浅くなってしまったとしても、アクセルの加減やハンドル操作でなるべく長くドリフト状態を続けられるようにした方が、スコアが伸びたりします。
ただ、ドラッグタイヤは車体を真っすぐにした状態でナイトロを使うとウィリーしてしまうため、その点はご注意を!

NFS Heat ウィリー

前輪が浮くので、当然ハンドル操作もききません

また、本作ではドリフトのきっかけが「アクセル二度押し」とされていますが、より直感的にドリフトに入れるように、ライブチューニングで「ドリフトスタイル」を「ブレーキ」に変えましょう。
これでアクセルを二度押ししなくても、ハンドルを切りながらブレーキをかけることでドリフトの挙動となります。もちろんアクセル二度押しでもドリフト挙動となるため、ドリフト車においてはこの設定はマストで変えるべきかと思います。
(前作『Payback』での挙動に近くなるため、シリーズ経験者はなおのこと「ブレーキ」に変えたほうがドリフトしやすいです)

苦戦したポイント

兄弟ドライブ

設定区間の距離が短くコースも狭いため、衝突しないように制御するのが大変なポイントでした。
時計回りと反時計回りの二通りの回り方ができますが、ここでは圧倒的に反時計回りでのチャレンジをオススメします。時計回りで行くとなかなか嫌らしい位置に障害物が置いてあり、スコアの倍率維持が途切れやすくなってしまいます。
反時計回りでチャレンジし、なるべくドリフトが長く続くようにアクセルとハンドル操作を加減するのがコツです。

Payback』に比べると全体的に簡単になった印象だったな

前作はドリフトと言ったらウラカンがぶっちぎりだったけど、今作はFDの方がスコアを出しやすいみたいね

スポンサーリンク

 

ロングジャンプ

ロングジャンプは、あらかじめ設置されたジャンプ台を使って指定された数値以上の飛距離を出すと、クリアとなるアクティビティです。
ジャンプ台までにいかにスピードを乗せて飛び出せるかが勝負となります。

報酬

Lamborghini Huracan Performante Spyder

Lamborghini Huracan Performante Spyder
使用マシン・主に使ったセッティング
マシン Mercedes-AMG G63 2017
エンジン 8.4L V10エンジン
サスペンション ラリー
ディファレンシャルギア スピードクロス
タイヤ ラリー

Mercedes-AMG G63

全般的に使えるセオリー

概ねラリー仕様にセッティングしておくと、どんな地形にも適応してそこそこの飛距離が出ます。
場所によってはレース仕様に振ってスピードを求めた方が有効な場合もありますが、単に三つ星を取る目的であれば、ラリー仕様で大体なんとかなるでしょう。
ジャンプに必要なロジックの詳細はわかりませんが、基本的にスピードが乗った状態で飛び出せば飛距離は稼げるので、「Regera」などのスピード番長もロングジャンプ向きのマシンとなっています。
あとはジャンプ台に突入する際の向き。これもけっこう大事です。
斜めに飛んでしまうと飛距離はかなり損をしてしまうので、なるべく正面に向かって真っすぐ飛べるように意識しましょう。真っ直ぐ飛ぶためのラインをジャンプ台から逆算して走ると、飛距離は伸びやすいです。
あとは細かいところですが、ライブチューニングでダウンフォースを一番低く設定しておくのも忘れずに。

苦戦したポイント

フライングシャン

ここはかなり苦戦しました……。
全アクティビティ中、一番苦戦したかもしれません。
三つ星クリアの条件が「250m」と大きな数字になっており、加えてジャンプ台が対向車線側にあるんですが、直前のトンネル出口で対向車が見えづらく、ぶつかって減速……というパターンが何度かありました。
ここも昼間ではなく、夜間にチャレンジした方が良いポイントかもしれません。

また、ここではセッティングを微妙に変えて、

サスペンション ラリー
ディファレンシャルギア ラリー
タイヤ レース

としました。
ジャンプ台前のトンネル内は舗装路であるため、レースタイヤで速度を稼ぎます。そしてジャンプ台付近の未舗装部分はナイトロを使って押し切り、250km/h以上を出した状態で飛ぶことにより、なんとかクリアできました。
速度もそうですが、飛ぶ時の姿勢もかなり重要かと思われます。右側に寄ってしまって橋脚に激突したり、左側の森で木にぶつかるとそれでおしまいなので。
そもそもセオリーのところでも触れたように、真っすぐ飛ばないと飛距離が伸びないため、「あと数m足りない」などといった場合は、ジャンプ台への突入姿勢を確認してみることをオススメします。

G63だと車高が高いから、トンネル内で対向車が見えづらくて余計にツラかったぜ

本作のゲレンデはオフロードでも微妙だったから、ジャンプくらいでしか使い道がなかったもんね……。
楽にクリアしたいならレゲーラを使うのが一番ですわ

まとめ

こんな感じで、ごりまるはアクティビティの三つ星制覇にたどり着きました。
特にこだわりがなければ、パーツなどを最上級のものにしてから挑むのが良いかと思います。それだけで8割方のアクティビティはクリアできるかと。
最上級であるULTIMATE+のパーツはREPレベルが50にならないと入手できないため、ストーリーやサイドミッションなどを先にすべて片付けてしまう方が良いかもしれません。

以上、ざっくりとですが『Need for Speed Heat』のアクティビティ攻略でした。
この記事はもうちょっと早くアップする予定だったんですが、年末年始の忙しさにかまけて遅れに遅れてしまいました。もう攻略の需要は薄れてしまったかもしれませんが、この記事がお困りの方の助けになるならば幸いです。

もし、どうしてもクリアできないポイントがあったらコメントやツイッターなどで聞いてもらえれば、ごりまるのケースをお答えしますのでお気軽にどうぞ!

アテになるかどうかは保証できねぇけどな

youtubeとかに出回ってる攻略動画を見るのも有効な手ですわ

一通りの攻略が終わった今、何か追加の要素も出してほしいところだけどなぁ

ドリフトの挙動変更が評判としては微妙だったりもしますが、全体的に見れば本作はかなり良いデキだと思うので、アップデートやDLCには期待してしまいますね。

新しいマシンを手に入れるための警察とのチェイスなんかがあるといいな!

ちょっと薄味だったストーリーも補完する何かがあると嬉しいですわ

2020年1月24日現在はそういったアナウンスがないのでちょっと寂しいところですが、今後何かしら追加はしてくれるはずなので、焦らず他のゲームでもやりながら待つとしましょう!

公式ページが更新され、アップデートの予定が記載されていました!
1月中にステアリングコントローラー(ハンコン)の対応や、簡易的なチャット機能、マニュアル操作時の不具合対応などが実施されるようですね。
また、今後車が追加される旨も記載されているので、大いに期待して待ちましょう!

www.ea.com