ごりくまゲーム帳

”ごりら” と “くま” がゲームを遊ぶ様子をご紹介。二人で遊べるゲームのことなんかも。

【プレイ日記】『Need for Speed Heat』先行トライアルの感想!




NFS Heat

 

あと数十分で製品版が発売されるところですが、『Need for Speed Heat』先行トライアルに触れてみた感想をお届けします!

 

 

 

 

先行トライアル?

EA Accessで先行トライアルが体験可能!

NFS Heat 先行トライアル

エレクトロニック・アーツ社のサービスである『EA Access』を契約していると、新作が発売数日前から先行トライアルとして遊べるのです。
先行トライアルで体験できるのは10時間ですが、ここでのプレイ内容は製品版に引き継ぐことができます。

『EA Access』はサブスクリプションサービスになっていて、一定の金額を払うとThe Vaultというライブラリに登録されたゲームが遊び放題になります。

  • バトルフィールドⅤ
  • タイタンフォール2
  • FIFA19
  • Need for Speed(2015)
  • Need for Speed Payback
  • バーンアウトパラダイス

などのゲームが遊び放題なわけです!

 

その他の特典

エレクトロニック・アーツ社のデジタルコンテンツがすべて10%OFFで購入できるようになります。
デジタルコンテンツということはつまり、ゲーム本体だけに限らずDLCなども10%OFFになるわけですね。

 

APEXとかで追加アイテムを買うときもいいかもな

ゲーム本体はダウンロード版で買う人ならいいけど、パッケージ版がメインの人にはあまり恩恵ないかもしれませんわ

 

気になるお値段は?

 

  • 月額:528円
  • 年額:3,055円(月額換算:約255円

個人的にはかなりリーズナブルじゃないかと思いますが、これはThe Vaultにやりたいゲームがどれだけあるか、などで印象は様々に変わりそうですね。

www.ea.com

 

NFS Heatの感想は?

なんかオシャレ!

NFS Heat グラフィック

めっちゃ綺麗

さて、話を戻して『NFS Heat』本編の感想です。
まず、グラフィックが超キレイです。
そしてUIのアニメーションなどがオシャレ。
全体的な雰囲気も前作よりかなりカジュアルな感じになっていて、見方によってはストイックさのようなものが薄れているとも言えます。 

基本はオンラインプレイになりますが、オフラインでプレイすることも可能です。
オンラインでも他の人が勝手にレースに乱入してくるとかはないので、せっかくならオンラインでプレイした方がいいかもしれません。

気が向いたら他のプレイヤーとレースできますし、なんとなく見ず知らずの人と一緒に流すだけでも楽しいんです。
そのうち誰かがドーナツターンをしだして、周りの人も次々とドーナツターンで応じたりすると、画面を見ながら一人でニヤニヤしちゃうことなんかも。
(これらは主にNFS(2015)での体験によるものですが)

 

アバターを選択

NFS Heat アバター選択

自分の分身となるアバターを12タイプの中から選びます。
正直、あまりカッコいい(あるいはカワイイ)と思えるタイプがいない……。

顔のパーツとかを自由に選んでキャラクリできるのかと思っていたため、これはちょっと残念なところでした。
まあ、車がメインのゲームなので、アバターはこれくらいでいいのかもしれませんが……。
せめて顔のパーツの位置などを調整できたら、かなり印象は違っていたかと思います。

NFS Heat アバター グラサン

ごりまるはこのグラサンキャラを選択

そんな中から、HIPHOPでもやってそうなちょっとオラついた感じのお兄ちゃんを選択。
サングラスをしていることもあって、顔の残念さがあまり感じられなかったのも選んだポイントです。

 

EXILEっぽくてカッケーだろ。へへっ

声はわりと若くてちょっと違和感ありましたわ

 

 

 

初期マシンは3種類

さっそくディーラーで車を選択することに。
初期マシンとして選べるのは以下の3種類でした。

  • Ford Mustang
  • BMW M3
  • NISSAN 180SX

あとは高性能なカマロが一台あったんですが、「これは父親から譲り受けたやつだからダメなんだ」みたいなことを言われて購入不可でした。

仕方ないのでごりまるはとりあえず国産車である180SXを選択!
クラシックな出で立ちながら、バランスの取れたシルエットがカッコいい一台です。

 

なんでこれみよがしに売り物じゃないマシンを置いとくんだよ……

自慢するために置いてるんですわ。性格悪いですわこのディーラー

 

いざ初レース!

NFS Heat レース

昼間は合法レース。きちんと仕切られてコースが整備されている

車を選んで外に出ると、早速レースに出場せよとの指示が。 
初戦のレースがいざスタート!

 

ところが……

 

周りがみんな早い!(全員NPCなんですが)
直線でも普通に追い越されていくため、明らかにマシンの性能が劣っているようです。
難易度を「MEDIUM」にしてプレイしていたのですが、それはきっと関係ないはず。
マシンが弱いんです。
そうに違いないんです。

……そういうことにしといてください。

NFS Heat レース結果

なんか喜んでるけどビリっけつです

ディーラーのお兄さんに「どこ行ったんだ?」とか「車は問題なかったよな?」とか、さんざん煽り倒されて余裕の最下位ゴールでした。

 

負けイベントってやつかもしれねぇな
このレースの後でナイトロパーツを買いに行けって言われたしな

それにしてもビリはねぇ。
もうちょいちゃんと走れば2つくらいは順位上げられたと思うけど……。
とりあえず難易度は「EASY」にしたら?

 

先行トライアルはここで一旦終了

1時間にも満たない短いプレイですが、ひとまずはここで終了です。
このあとパーツを買いに行った先で新たなキャラとの出会いがあり、ストーリーイベントが発生していました。

 

この先も楽しみだな。早く続きがやりたいぜ

前作よりも「イチから積み上げてる感」は強いね。
コツコツ積み上げて強くなっていくのが楽しそうですわ 

NFS Heat マップ

全体マップ。まだ上下が見切れてるので広い!

まとめ

まず最初に目につくのは、やはりグラフィックがめちゃくちゃ綺麗ということでした。
風景やライティングがマシンを美しく際立たせるために調整されている感があり、ユーザーの求めるものに応えようという心意気を感じましたね。

ちょっと残念かなーと思ったのは、初っ端のデモイベントでPolestarのかなりカスタマイズされた(と思われる)マシンに乗るのですが、スピード感がイマイチな印象を受けたところです。 
ナイトロを吹かした時の加速感も、心なしか前作までより弱い感じがしました。

ただ、その分コースの見通しは分かりやすくなっていたので、走りやすさを考慮した上での調整かもしれません。
また、マシンごとにおそらく感覚は変わると思われるため、好みのマシンを見つければ印象も変わると思われます。

それから、マップはかなり広そうなので、収集物を集めるのも楽しそうでした。

 

俺の好きな看板をぶち破るやつもあったしな!

面白いランドマークがたくさんあることを期待しますわ

 

ということで、ちょっと短めのプレイですが、ひとまず先行トライアルの体験はこんな感じでした。みなさんの購入判断の参考になりましたら幸いです。

まだまだマシンのチューニングにも触れていない状態なので、この先いろんな要素に触れていくのが楽しみです!
製品版でもう少しプレイが進んだら、また続きをお届けしようと思います!